展示のご案内

安藤克也展


5.9(Mon) - 5.21(Sat)/2022
12:00-19:00 (sat/17:00)※closed/sunday

私の作品がどのように生まれてくるかはずっと変わらないように思う。
日常生活や生まれ育った記憶がイメージとして現れる・・。
無意識に自分の中の内在しているものと、今生きているものとが感情を通して画面上に表現されていると思っている。
最近真夜中に月を見上げる。無力な自分自身を感じると共に、生きているとどうにもならない状況が存在する。
そのような虚無的なものが最近の作品のテーマになっているのではないかと考える。
それとは別に、生まれ育った環境からか何となく昆虫が画面上現れる。もう一つのテーマとして表現を楽しみたい・・


It may never change how my works are born.
Daily life or memory that I was born and raised appears as an image.
I think something in myself and something in life are expressed on an image plane through feeling.
Recently, I look up to moon at midnight. While I feel powerless in myself, there is also something I can't handle.
Such a nihilistic thing may be the theme of my works recently.
Apart from that, somehow there is insect on the screen because of environment where I was raised.
AS another theme, I would like to enjoy expressing...

▲Page Top