展示のご案内

テラオメグミ ドローイング・銅版画展
オヤジたちのことたば。言束


8.1(Mon) - 8.13(Sat)/2022
12:00-19:00 (sat/17:00)※closed/sunday

オヤジたちの ことたば 。 <言束> 20年前、ある人から、「あなたが描いているモチーフの男性と、あなたの年齢が同じくらいになってもまだ描き続けると思いますか?」と聞かれたことがある。
咄嗟に「はい」と答えたものの、実際はどうなのだろうかと自分自身に問い正したのを覚えている。
これまでフランスで、日本で、いろんなオヤジたちの皺(しわ)と出逢ってきて、今その時期に差し掛かってきた。
答えは質問された時と同じ。むしろその時よりも、描きたい気持ちと、描きたい表情がはっきりしてきたように思う。
おしゃべりな表情。言葉がたくさん詰まった皺。
それに自分の言葉やらを織り込んで、銅板や紙に線を走らす。
どうぞ神様、これからもまた、いい皺にたくさん出逢えますように。
テラオメグミ 2022年6月 Paris


20 years ago, someone asked me "Do you think you will still keep drawing when you are the same age as a man you're drawing now as a motif?".
I remember I doubted if I would even though I said yes suddenly.
I've seen various wrinkles of old men's and now I'm almost there. The answer is the same as when I was asked.
Rather than the time, the feeling and the expression I'd like to draw are clearer now. Talkative expression,
wrinkles full with words.. I weave my works into them and drive a line on copper plate or paper.
God, please let me see many kinds of good wrinkles from now on.
Megumi Terao 202206 Paris

▲Page Top